地域福祉懇談会

 

 地域住民と福祉全般にかかわる情報および意見交換を行い、地域の抱えている課題等を明らかにし、「誰もが安心して暮らすことのできる福祉のまちづくり」を一緒に考えます。また、社協の事業について情報提供を行い、地域住民への福祉理解の推進を図ります。

 写真:地域福祉懇談会の様子

ふれあいのまちづくり事業

ホームサロン事業(出張理容事業)

 寝たきりの高齢者や重度障がい者(障がい児)の希望者に、地区の理・美容店が自宅などを訪問し整容します。

対象者 寝たきりの高齢者や重度障がい者(障がい児)
利用等 利用回数は年間2回が限度で、1回2,000円を補助します。
手続き 地域の民生委員を通じてお申し込みください。

 

小地域ネットワークづくり事業

 要援護者(ひとり暮らし高齢者、高齢者夫婦世帯、障がい者世帯、母子世帯など)に対し、小地域を単位として、近隣の住民などがネットワークを組み、その要援護者が自立して生活が出来るように見守り活動(カーテン開け閉め、郵便受け確認)や安否確認などの支援活動を行います。

北上市社会福祉大会

 福祉関係者などが一堂に会し、住民の福祉向上のための更なる努力を誓い合うとともに、多年にわたり社会福祉の発展に功績のあった方々を顕彰し、感謝の意を表することを目的として1年に1回開催しています。  

 写真:北上市社会福祉大会の様子 

福祉協力員事業

 社協事業への協力や民生児童委員と協力しながら、地域の中で支援を必要とする人や家族に対し、見守り活動や訪問活動、ふれあいデイサービス事業運営を中心とした地域福祉活動を推進します。

広域社協連絡協議会事業

 広域生活圏内の社協(北上市社協、西和賀町社協)相互の情報交換、福祉課題の協議、研修等を通じて社会福祉全般の向上を図り福祉活動を推進します。

広報(きたかみ福祉だより)の発行

 社協が実施する事業や福祉情報等を掲載した広報紙「きたかみ福祉だより」を年間6回、ボランティアに関する情報等を掲載した「ボランティアみみより情報」を年間4回発行し、全戸配付しています。 

社協出前講座

 住民に地域福祉について理解していただくため、地域福祉活動やボランティア活動、キャップハンディ体験、社協事業等についての各種講座を、地域や学校の要請に応じ出向いて実施しています。(北上市出前講座に登録) 

 写真:社協出前講座の様子 

出会いの場づくり事業

 未婚の男女を対象に出会いの場を提供し、地域の活性化や少子化対策の一助として結婚活動を支援しています。実施の際は、福祉だよりや社協ホームページ、ポスター掲示などによりお知らせします。

ひとり親家庭ネットワーク事業

 ひとり親家庭(母子・父子家庭等)を対象に、イベント等の行事の開催を通じてネットワークの構築を支援します。

対象者 北上市内に在住する高校生以下の子を持つひとり親家庭の親子
内容 ハイキングや季節のお楽しみ会を実施。
手続き 福祉だよりや社協ホームページなどにより募集します。北上市社協にお申し込みください。

 

あいさつ運動推進事業

 地域のつながりを深めるため、家庭や地域で意識的に「あいさつ」を行う強化月間を設け実施します。

地域福祉活動応援事業

 地域で行われている福祉活動の充実や新たに取り組む福祉活動等を支援することを目的に助成を行います。

地域福祉貢献活動の奨励運動

 社会福祉協議会(共同募金会)活動や寄付を通じて、自分のまちを良くするしくみづくりに貢献した企業などを顕彰し、地域福祉活動の輪を広げます。

コミュニティソーシャルワーカーの設置

 地域の課題を把握し、地域住民と一緒に解決するとともに、地域の中で制度の狭間により課題の解決が困難な方に対して、社会資源のコーディネートと開拓を行うため、試行的に社協本部にコミュニティソーシャルワーカーを配置しています。なんでも心配ごと相談センター相談員及び暮らしの自立支援センター支援員と連携しながら、問題の解決を図ります。

地域福祉マップの作成

 地域で見守りが必要な要援護者と地域内の社会資源などとの関わりが一目でわかるよう、マップの作成を支援しています。 

 写真:地域福祉マップの作成の様子

まごころ宅急便

 自宅近くにスーパーがない等、買い物をすることが困難な要援護者を対象に、食料品等販売店や配送業者と協働で、商品を自宅まで届ける買い物支援を行っています。商品配達時には利用者の安否確認や声がけをあわせて行っています。

避難者生活支援センター

 東日本大震災で被災し北上市内で避難生活を送っている方が安心して生活するため、電話や訪問活動を通じた支援活動を実施しています。北上市復興支援計画と連携しながら、長引く避難生活によるストレスや不安等にきめ細やかに対応し、避難者同士の交流等を行いながら、一人ひとりの希望や状況に応じた支援を行います。